ハワイ島のヨガ・マスター、デービッド・ジョンソンの【YOGA, as your LIFE】



JAPANESE | ENGLISH

YOGA with David Johnson

正しいアサナが ヨガの本質への入り口

■ヨガも建築と同じ、土台がしっかりあってこそ

.ヨガのプラクティスをするうえで、“正しく”アサナをすることは とても重要です。

これは、アサナが身体の各機能にもたらす効果を高めるだけでなく、
あなたの身体を怪我から守るためでもあります。

というのも ときどき、ヨガの初心者で、
アラインメントをきちんと教わることなくプラクティスをして 身体を痛めてしまう人がいます。
ヨガのせいで膝を痛めた、背中を痛めた、とヨガを悪者にするのですが、
本当はヨガが悪いのではなくてプラクティスのやり方が悪かったのです。
そうやって、せっかくいいと思って始めたヨガから離れていった人を
わたしは何人も見てきました。 とてももったいないことです。


それでは“正しく”アサナをする、とはどういうことでしょうか?

それは、プラクティスの際にまず、そのアサナの基礎・土台をしっかりと作る、ということです。
この過程をとばして 見た目だけのポーズをとったとしても、
本来そのアサナがもたらす効果が半減するだけでなく、身体を痛めるリスクもでてきます。

わたしはヨガと同様、建築デザインにも長年携わってきましたが、
いくら機能的でデザインも美しく洗練された建物も、
まずは しっかりとした基礎がないと建てられません。
建てたとしても、どこかに過度な負担がかかって崩れてします。
ヨガでもこれとまったく同じことが言えるのです。

profile5.JPGたとえばこのVirabhadrasana II(ウィーラバッドゥラアサナII)。
実際にはもっと細かなステップと注意点がありますが
要点をしぼってお話すると、まず両脚を広げて立った時点で
両方の足で しっかりと大地を押さえつけます。
そして意識して両脚とも筋肉を強く緊張させておきます。
太ももも、その裏側も。 筋肉で骨をしっかりつかむイメージで。
それが、このアサナの基礎、土台です。

そうしてから上半身を下ろすと、前脚にかかってくる体重を 太ももだけでなく、
太ももの裏側の筋肉も使って支え、持ち上げ、
それを後ろの脚で支えることができます。そうやってバランスが保てます。

ですが、この土台の準備をおろそかにすると
体重を前脚の太ももだけで支えることになり、太ももをを傷めてしまったり、
支えきれずに倒れてしまうことになりかねません。

どのアサナも、まずその基礎となる部分をしっかり準備してから全体を完成させる。
これは ひじょうに大事なことです。

■解剖学、プロップ(小道具)、ヨガ・ウォールがアサナをブラッシュアップ

さて、正しくアサナを行うために もう一つとても大切なのが
アラインメント(正姿勢)をきちんととることです。

そのためにわたしは 解剖学の知識や、ヨガベルト、ブロック等のプロップ(小道具)、
それに日本ではまだほとんど知られていないヨガ・ウォールを駆使します。

David HP-1.jpg解剖学、つまり、どの筋肉が何とどうつながっているか、
骨はどうなっているか、というような人の身体のつくりについての知識は
アサナを正しく効果的に行うためになくてはなりません。

たとえば上半身をねじるとき、まず最初に 背筋をピンと伸ばします。
背骨が 椎骨と椎間板が連続的に積み重なる構造であることは
みなさんご存知と思いますが、こうして背骨を長くすることで
椎骨と椎骨の間が伸びて、ツイストするゆとりが生まれ、
何もしないで いきなりねじるよりも より深く ねじることができて
効果的です。

さらに、ブロック、ヨガベルト、ブースターなどのプロップ(小道具)を使うと、
身体が硬かったり筋肉がさほど強くない人でも それらの補助によって
そのアサナを体験できたり、効果を得ることができます。

たとえば、身体が硬くて手が足に届かなくても、ヨガベルトを足に引っ掛けて
それを手で持つと、足をつかんでいるのと同じ感覚になります。


また、ヨガ・ウォールはほんとうに様々な使い方ができます。
プロップのように補助するだけでなく、アラインメントの矯正にもひじょうに効果的で、
このヨガ・ウォールで正しいアラインメントを体感すると、マットの上に戻っても
身体がアラインメントを覚えていて、きちんと正しくアサナができるようになります。
いえ、少なくともヨガ・ウォール以前よりもあなたのアラインメントが整うことは確実です。



このヨガ・ウォールはアメリカで開発されましたが、
全米でもこれを備えているヨガ・スタジオはまだわずかです。
幸いなことにわたしは自宅にもこれを設置しており、日々その恩恵を受けていますが、
生徒さんもからもひじょうに喜ばれています。



アサナがヨガのすべてではないことはすでにお話しましたが、
アサナが正しくできなければ、
あなたはその先に深く広がるヨガの本質にたどり着くことができません。

そういう意味でアサナはとても重要です。
ですから、ひとつひとつのアサナと丁寧に向き合うことが必要で、
それは わたしがヨガを指導するときに特に念頭に置いているポイントの一つです。

ページの先頭へ


レッスンのご案内


  • Square_wht_Right.pngプライベート・レッスン
    • マンツーマンの贅沢なレッスンです。
    • あなたのレベルやご希望に合わせた、カスタムメイドのスペシャルプログラムで
    • きめ細やかで行き届いた指導が受けられます。
    • $75/60分、 $112/90分
  • Square_wht_Right.pngセミプライベート・レッスン
    • お2人でのレッスンです。
    • お友達と、あるいはカップルでどうぞ。
    • $112/60分、 $150/90分
  • Square_wht_Right.pngグループレッスン
    • 3名さま~のレッスンです。
    • 料金は人数や内容によりますのでお問い合わせください。



sunset.JPG


◇たとえば こんなアレンジもできます◇

   ・朝の心地よいオーシャンブリーズを受けながらビーチ
   ・ピースフルな、沈む夕日を遠くに見ながらテラスで

 他にもご希望があればお気軽にご相談ください。


いずれも、2セッション以上お申し込みの方には割引があります。くわしくはお問い合わせください。

お申し込み・お問い合わせはこちらから


ENTERENTERENTERENTERENTERENTER