ユリコ・ジョンソンのライフ・コーチング- 体験者の感想

自分らしく輝きたいあなたのために「がんばらないコーチング」

体験者の感想/クライアントさんの声

コーチングとは、自分自身を見つめ直す貴重な時間

私にとってのコーチングとは、自分自身を見つめ直す貴重な時間でした。
全て自分自身に起きる事柄の要因は自分自身の中に内包される、と私は考えます。
自分自身を見つめ直すには、自分を映す「鏡」が必要です。
コーチとのセッションの中で、鏡のように的確に私自身を映し出していただいた、
コーチングの時間は、私にとってとても重要な時間でした。
今は、諸事情でお休みしていますが、またセッションを再開できることを
とても楽しみにしております。

鈴木 淳

セルフイメージも、ずいぶんかわりました

約一年半前に、コーチングを始めた時の
バランスシート・価値観アンケートなどを見ていたら、
そのころから私はずいぶん変化したなと感じました。

セルフイメージも、ずいぶんかわりました。

自分のセルフイメージを書き直したい、変わりたい部分を赤で引き書き直したノートを
今みると書き換えた部分は、ほとんどそのようになっています。

時間と環境と出会いの変化は、私を大きくかえてくれました。

さらに、一年前のフィードバックシートを読むと、
セッションをはじめて半年でしたが、書いてある文章・内容ともにこの時期には 
こんな考え方と表現力があったのだと驚きました。

鈴木喜美子

コーチングは、癒しの時間

コーチング…私にとって、癒しの時間です。
「相手にどう思われるかな?」など気にすることなく、自分の話を聞いてもらえる…貴重な時間です。
初めは「スカイプってどうなんだろう?」って思いましたが、ビデオ通話で問題ないです。
ハワイ島大好きなので、つながってる感じも嬉しいです。

特別大きな目標があるわけでなく、子育て中にコーチングを始めることに、最初は迷いました。
日々、家事や育児に追われ…モヤモヤ・イライラを抱えていましたが、すっきりしました。
ママが癒されると…子供にとっても良い気がします。

S.N


自分を信じれば、案ずることなく幸せになれます

私が祐理子さんにコーチングを受けたのは、2008年12月~2009年7月までの約一年半位の期間でした。

受けるきっかけ
自己否定。依存症。何をしていいのわからず、もがいて抜け出せない状態が続いていたのを何とかしなければ・・・生きていく意味がなかった。
実際のセッションをやめてからはもう三年ほど経ちますが、今現在でもコーチングを受けたことは生き続けています。
そう感じるのは、今回その当時のノートを振り返って読んでみると自身もがいている姿がほぼ多かった時にもその言動を真摯に受け留めてくれ、いつも本気で向き合ってくれていたコーチがいてくれていました。
そういうクライアントとコーチのいい関係があったからこそ、自分自身の中に外に変化が訪れたんだと思っています。
それがあったからこそ、今現在にも繋がっています。

コーチングは安心な場所。
言動を愛と感謝で見守ってくれます。
信頼してくれます。

自分を信じれば、案ずることなく幸せになれます。
平穏な幸せは誰の中にでもあります。
私はそう思っています。

春海